少年Aの行動と森口の謀略

本屋大賞ノミネート作品! 安心のサポート体制!最小ロット500枚〜!最短納期約2週間!紙袋や手提げ袋、ペーパーバッグのことならお任せください。紙袋工房は追加料金一切不要。送料・消費税・版代すべて全商品コミコミ価格だから安心してご利用いただけます。
歓楽街が広がる大阪有数の商業都市の1つとなっている梅田駅 賃貸オフィスの情報をご紹介しています。 オフィスバンクだから提供できるお得でオススメな物件情報、今なら良い借り時となっています。

少年Aの行動と森口の謀略

渡辺 修哉という秀才

直樹の事件はすぐさま学校にも伝播されたものの、クラスメイトたちは本当の意味で殺人者となった彼に対して同情を示すことはなかった。事件が発生したことでこれまで自宅を訪れていた美月も警察の事情聴取を受けることとなってしまった。ただそれでも変わらなかったのが、『渡辺 修哉』という存在である。彼は自身がいじめにあっていることを肯定もせず、否定もせず、ただただ日々を過ごしているだけだった。いじめに対してもなにか思うわけでもなく、むしろそれを逆手に取る状況が来ることを待っていた。

それは彼がHIVに本当に感染しているかどうか、という検査結果が出る事を待っていたからだ。結果は陰性、もとよりHIVは患者の血液を摂取したからといって感染する確率は低く、発症したからといって不治の病と見なされていた時代とはまた異なっている。自分が感染していないこと、それはもちろんクラスメイトたちは知る由もなく、感染していない事実を確認した修哉は遂にいじめを行っていたクラス全体に反撃する。それによりいじめは終息していったが、修哉にとってそんなことは瑣末な問題に過ぎなかった。

彼はそう、HIVに感染していたほうが良かったとさえ思っていたというのだ。また愛美についても殺した動機はあまりに不純で、森口にしてもそれは到底容認できるものではなかったからこそ、その矛先が向けられる。しかしそれでも彼は何とも感じていなかった、むしろそうなることである願いが叶えられるという期待さえ持っていたという。

新人作家さん大集合 ラウンダー 効果では商品の配荷率や展開率はもちろん、設置率なども向上させる事が出来ます。本部担当者も店頭状況を把握出来る環境になるので、一石二鳥となります。
宝塚 貸店舗がお手伝い!「マンション」とは比較的大規模で、基本的には鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造で区分所有されるものだそうです。
実店舗での試着もできます。ドレス レンタルのCORTINA(コルティーナ)は、200着以上のドレスをネットでレンタルできるWebショップ。結婚式や発表会、婚活などにもぜひご利用ください。

不遇の存在

第五章では修哉視点で物語が展開されていく、そこには彼自身が運営しているサイトから、そこにはある1つの思いが込められていた。それはかつて自分の産みの母に対する思い、さらに愛美を殺害に至るまでの過去これまでの出来事を語った動画が発信されていた。そこには渡辺 修哉という存在がこれまでどのように生活してきたのか、彼自身によって回想されていく。

あらすじ

渡辺 修哉は生まれた時から、実の母親から電子工学を仕込まれ続けていた。その甲斐あって彼は後に天才発明家とまで称されるほどの秀才として見られるようになったものの、彼自身はひどく歪んでいた。実の母による虐待、離婚した後に再婚した母からも弟ができた後は見放されてしまう。実の父親とも距離が遠く疎遠となっており、幼い少年の心はひどく荒野となっていた。やがて成長した彼は自分の存在を母親に認めてもらえるようにと発明品を出して、大会で賞を獲得する。

しかしそれは13歳の少女が起こした家族を毒殺する事件によってかき消され、自分の存在が矮小になってしまったことに落胆してしまう。そして世間で注目を浴びるためには悪いことをすればいい、そう考えた修哉は愛美を殺すことを画策する。しかしそれも彼の発明品では殺すまでに至らず、逆に直樹が手をかけたためにまたも彼の計画は狂ってしまう。森口の復讐であるHIVにも、感染していれば母がきっと見てくれると高らかに喜びを見せていたが、陰性だったためにまたしも失敗する。彼にすれば森口など取るに足らない存在であり、彼女が講じた復讐をむしろ自分優位に運んだことを喜んでいた。

それでも彼はどうしても母に認めてもらいたかった、そんな修哉は実の母が務めている勤務先へと足を運んだ。しかし既に母は自分のことなどとうに忘れており、家庭を持っていることを知ってしまう。もう母からも見てもらえない事を知る修哉、自暴自棄になった彼は全校生徒を巻き込む形で遠隔操作式の爆弾を開発して、集会で大勢を巻き添えにして自爆を試みる。しかし操作する携帯を押しても爆発が起きないことに驚愕すると、仕掛けたはずの爆弾がそこにはなかった。

何が起きたのか理解できない修哉、そこへ彼の電話に一本の電話がかかってくる。

母に対する執念

この章では修哉という存在について話をしているが、彼と直樹はいい意味で正反対の存在だった。片や虐待に近い形で実母・養母、そして父からも見放されてしまうも、それでも母に対して執着している修哉と、平凡な家庭ながら愛されて育ったものの、過剰な期待を寄せられることで卑屈な性格になった直樹、2人は好対照な存在として描かれている。ただ修哉の場合、母親に見てもらいたいがために殺人をしても構わないという理屈で成り立っているため、異常性は尋常ではない。しかし彼の行動は全て裏目に出てしまい、どうすれば母に認めてもらえるのかを躍起になって探し続けていた。

だがそれも母が自分をとうに忘れていて、自分は違う人生を生きている事実を思い知らされたために、他人を巻き込む形で死のうとする。しかしそうした策略もまた、彼の思い通り行かずに望んでいない彼にとって完全な意味での絶望という断罪が与えられる。

作家セミナー 伊勢崎 賃貸がお手伝い!「マンション」とは比較的大規模で、基本的には鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造で区分所有されるものだそうです。

本当の復讐が始まる

直樹のこともどうでもよく、ただ母から認めてもらいたかっただけだった修哉はここから本当の絶望を知る。そしてこれこそ森口が修哉に仕掛ける最大の罠であり、渡辺 修哉という歪んだ少年を奈落の底へ叩き落とすのだった。