作品の内容として

本屋大賞ノミネート作品! 埼玉県さいたま市、大宮 ヤマハ特約店といえば和幸楽器! 音楽指導も行い、各種楽器、並びに音楽を行うための施設を作るための紹介もしています。 本格的な音楽レッスンを希望している方、是非当楽器店までお問い合わせ下さい!

作品の内容として

原作を忠実に再現

ここからは告白について紹介していこうと思うが、作品全てを紹介するためにもこの作品のそれぞれの章をピックアップしていこう。この作品は全体的に見れば松たか子さんが演じる主役が主人公として描かれているが、どちらかと言うと群像劇となっている。全六章となっている今作においてはそれぞれ語り部が異なり、それぞれが作品内で巻き起こった『ある事件』を起点として、各々の心中が描かれている。それは正気であり、狂気であり、戦慄であり、慟哭でもある。見えるのは深淵の縁にある絶望で、そして愛する娘を奪われた美しき復讐者は例え彼らが正当な意味で裁かれることはなくても、その罪を償わせるために、徹底的に追い詰めていくのです。

作品内における松たか子さんはそんな狂気を持っていながら自分で自分が何をしているのか理解し、それに対する葛藤を見せながらも淡々と復讐を果たしていく。その始まりであり、序章にすぎない復讐劇が始まりを告げるのが、この第一章からとなっている。ではまず、物語の始まりでもあり、全ての復讐が始まりを告げる章を読み解いてみよう。

新人作家さん大集合 悪質なスパムリンクはgoogleからペナルティの対象に!ペナルティを受けない為には良いリンクだけを残し、悪いリンクを解除し。健康なリンク状態を保つ事が重要です。難しい部分はそらいろhttps://sorairo-inc.co.jp/backlink.htmlがお手伝いします。

第一章の語り部

まず最初に話をしておくと、この章における物語の視点となっているのは主人公である『森口 悠子』となっている。彼女はとある中学校で理科教師として勤務していたが、ある事件をきっかけにして娘が学内のプールで溺死してしまう。そこから物語は幕開けとなる。そんな彼女が思いを語る第一章のあらすじを見ていこう。

あらすじ

とある中学校3月25日、その日は短いながらも三学期が終了となる終業式の日だった。森口が担当するのは一年生のクラス、B組を受け持っていたが式が始まる前に生徒たちへ彼女はあるものを配る。それは何処にでも売っているパック牛乳で、生徒たちは何を疑うこと無くそれらを各々飲み干し、または持ち帰ろうとする生徒もいる。その光景を見守っていた森口が語り始める、それは彼女が今期限りで学校を退職するという告白だった。

しかし多感な時期にある生徒たちはそんな話にも関心を示そうとしないが、それでも森口は話を止めない。やがて話は彼女がどうして学校を退職する決心をしたのかという話へ移る、生徒たちもそのことを理解していたからこそ驚きを見せなかった。それは数カ月前に起きた森口の娘である愛美が学内のプールで溺死する事件が発生し、警察の調べで事故と判断された。しかし森口はどうしても納得できなかっため、独自に調べていくと見えてきたのは事故というには不自然な点が多く、娘が何者かによって意図的に殺害された事を知る。

それが誰なのか、生徒たちは予想もしなかった話に息を呑むが次の森口が発した言葉に息を呑んだ。

『私の娘を殺したのは、このクラスに在籍している人です。 仮に「少年A」・「少年B」としましょう』

クラスの誰かが彼女の娘を殺した、それだけでも驚きだったが森口の告白は止まらない。それからは少年2人の詳細なプロフィールを語っていくと、次第に誰のことを指しているのか各々見当が付く。大まかに誰が犯人なのか分かったところで、森口は彼らに対してある復讐をしたと告げる。

先ほど配ったパック牛乳、少年2人が飲んだ牛乳の中にはHIV感染者の血液を混ぜていたというものだ。思いもよらない発言にパニックになりかける生徒たちに、森口は静止を呼びかける。表情を一切崩すこと無く、言葉を荒らげることも無く静かに彼女は語った。

『これが私のあなた達2人に対する復讐です、どうぞ苦しんでください』

怒りを見せず、憎悪も感じさせない、そんな森口の様子に騒ぎ立てていた生徒たちは戦慄する。そして森口はその日、退職していった。残されたのはB組の生徒だけ、告白によって暴かれた殺人を犯した同級生2人、誰も知ることのない事実を自分たちが聞かされてしまったことで彼ら全員の思いが交錯することとなる。

公に公表しなかった

この章で一番のポイントは、森口は自分の娘が誰によって殺されたのか理解しながらも、それを警察などに告発しなかったという点だ。納得いかなかった警察の調査に疑問を持ち、誰が愛娘を殺したのか突き止めても、それで何かが解決するわけではないと判断したのです。

通常であれば警察に証言しに行くのも手段となっているが、敢えてそうしなかったのはそこに彼女自身の復讐心があったからだろう。それは目に見える形で狂気となり、聖職者としてではなく、1人の親として娘を殺した13歳の殺人者達を追い詰める復讐を敢行した。この時点ですでに彼女はある意味道から外れることとなる。

作家セミナー

激動の幕開け

この第一章から物語は激動の幕をゆっくりと挙げていく。1年生だった生徒たちは2年へと進級してたが、そこはかつて彼らがいたクラスではない。同級だった彼らの中に異物として混在している人殺しがいるという状況、それは生徒たちによるむき出しの敵意へと変化していき、人を殺した少年A・Bを追い詰めていった。